WP to Twitter – WordPressに掲載した記事をTwitterへ投稿するプラグイン

WP to Twitter

WP to Twitter は WordPress で書いた最新記事を Twitter へ投稿するプラグイン。

Twitter に登録したので、どうせなら WordPress で書いた記事を Twitter でつぶやけるうにしようと思い、それ系のプラグインを物色。 Tweetable や Simple Tweet 、Twitter Tools 、WordTwit など幾つか見つけました。

Tweetable と Twitter Tools が高機能・多機能で良ささそうに思えたのですが、エラーがあったり、重くなったりという記事がちらほらあったので、これらとほぼ同等の機能をもち、評判の良さげな WP to Twitter をチョイスしました。


Sponsored Link

WP to Twitter の導入・設定

  1. WP to Twitter で 「Download」 をクリックして ZIP ファイルをダウンロード。
  2. ZIPファイルを解凍して wp-to-twitter フォルダを plugins フォルダへアップロード。
  3. 管理画面より WP to Twitter を有効(使用する)に。
WP to Twitter の設定画面
Twitter のログインアカウント等が設定されていないので、エラーのように表示される。
WP to Twitter1
「Account Settings」 を開き Twitter のアカウント名とパスワードを記入したら 「Save Twitter Login Info」 をクリック。
WP to Twitter2
Twitter アカウントを設定したらエラーのようなメッセージは消えます。
WP to Twitter3

次に Twitter で表示する各種設定を行います。 以下は当ブログでの設定。

「Basic Settings 」 を開き 「Update when a post is published」 にチェック。 その下の 「Text for new post updates:」 に Twitter で表示するショートタグを記入。 Choose your short URL service で 「Don’t shorten URLs.」 を選択し、最後に 「Save WP Twitter Options」 をクリック。
WP to Twitter4

「Update when a post is published」 は、新規記事投稿時にツイートするかの有無。 ここしかチェックを入れなかったので記事修正時はツイートしません。 ちなみに 「Update when a post is edited」 は、記事修正時にツイートするかの有無、 「Update Twitter when new WordPress Pages are published」 は、ページ更新時にツイートするかの有無。 詳しくは後述する参考サイトを見て下さい。

「Text for new post updates:」 に記入したショートタグは、#title# = 記事タイトル、#url# = URL、#post# = 記事概要。 Choose your short URL service の 「Don’t shorten URLs.」 は 短縮 URL を使用しない。

当ブログでの設定は以上。 この他の 「Advanced Settings」 や 「Limit Updating Categories」 はまったく触っていない。

「Check support」 で Twitter に反映されるか確認ができるハズ 。(2度目はエラーになった)
WP to Twitter5
Sponsored Link