WP-Optimize – MySQLデータベース最適化とユーザー名変更ができるプラグイン

WP-Optimize

WP-Optimize は WordPress の管理画面から MySQL のテーブルを簡単に最適化できるプラグイン。

WordPress は MySQL を利用するので、定期的にデータベースの最適化を行わないと、パフォーマンスが落ちたり不具合がでるようです。 「WordPress MySQL 最適化 」 で検索を掛けるとわかりますが、 MySQL テーブルのオーバーヘッド等多くの記事がヒットします。

通常 MySQL の最適化は、 phpMyAdmin の管理画面でおこないますが、今回導入した WP-Optimize は WordPress の管理画面で MySQL の最適化が行えます。

更に初期設定時のユーザー名 「admin」 もこのプラグイン一つで変更可能です。


Sponsored Link

WP-Optimize の導入・設定

  1. WP-Optimize ページ下部の 「Download」 をクリックして ZIP ファイルをダウンロード。
  2. ZIPファイルを解凍して wp-optimize フォルダを plugins フォルダへアップロード。
  3. 管理画面より WP-Optimize を有効(使用する)に。
WP-Optimize の設定画面
WP-Optimize を有効にすると、いつもの 「設定」 ではなく、左上 「ダッシュボード」 に 「WP-Optimize」 が表示されます。
WP-Optimize1

「Database Optimization Options」 のチェック項目。

  • Remove all Post revisions(すべての投稿リビジョンを削除)
  • Clean marked Spam comments(スパムコメントを削除)
  • Clean Unapproved comments(未承認コメントを削除)
  • Optimize database tables(データベーステーブルの最適化)
図は別サイトのデータベーステーブル。 最適化した方がよいテーブルは赤字で表示されます。
WP-Optimize2
一覧下に最適化できる総サイズを表示。
WP-Optimize3
データベースの最適化は 「Optimize database tables」 と他必要な項目にチェックを入れ、 「Process」 をクリック。
WP-Optimize4
赤字で表示されていた 「Need to Optimize」 が青字の 「Optimized」 に変わり、 WP-Optimize 設定画面上部に最適化完了の案内が表示されます。
WP-Optimize5

深く考えずに最適化をおこなったが、何か問題が起こると怖いし面倒なので、あらかじめデータベースのバックアップを取っておいた方が無難。

この記事は 次回に続く

WP-Optimize 参考サイト

病的溺愛シンドローム
ダッシュボードから必要なときだけDB最適化→WP-Optimize。
HAAYA
『WP-Optimize』を使ってWordPressユーザ名のお手軽変更。
Sponsored Link

コメントを残す