WP-DBManagerはデータベースの自動バックアップと自動削除ができるプラグイン

WP-DBManagerはデータベースの自動バックアップと自動削除ができるプラグイン

当ブログのサーバーはヘテムルのレンタルサーバーを使用。 2サイト運営して使用している容量が 23GB 。 7月より使える容量が 118.6GB に増えたので、 「まだまだ余裕!!」 と、思っていました。

先日 WordPress 3.42 がリリースされたので、データベースと旧バージョンの WordPress 3.41 のファイルをローカルにバックアップ。 自動更新には一抹の不安があるので、いつものように手動でバージョンアップして無事完了。

ローカルに WordPress 3.41 より古いバックアップファイルがあったので、ついでに削除しようと思いここで ハタと気付く。 「そもそも何でこんなにファイルがデカイの?」


Sponsored Link

23GB といえばアナタ Blu-ray ディスクの容量。 2サイト合わせても記事数は 500ちょっとなのにこんなに容量を食うはずありません。 ちょっと考えたら解りそうなものなのに….。

取りあえず犯人は 「wp-content」 内にいるだろうと予想して調べると、あっさり見つかりましたよ、犯人。

犯人はこの 「backup-806d5」 フォルダ。 コレ1つだけで、容量が 23.3GB もあります。
WP-DBManagerはデータベースの自動バックアップと自動削除ができるプラグイン1
中身は 836個のデータベースバックアップファイル。 2009年の2月から 1週間ごとに作成されています。
WP-DBManagerはデータベースの自動バックアップと自動削除ができるプラグイン2

データベースのバックアップを取るプラグインは、 WordPress Database Backup を使ってましたが、このプラグインはバックアップデータを手動で削除しなくてはなりません。 この事をすっかりサッパリ忘れておりました 。 アホの極みというか、なんというか…… orz

WordPress Database Backup は悪くはありません。 使用者がアホなだけですね。

私、定期的なメンテナンスとか苦手なんです。 と云うか忘れちゃうんだよね。

また同じ事をヤラかす可能性があるので、 WordPress Database Backup の代わりに、データベースの自動バックアップと不要になったデータベースを自動で削除してくれるプラグイン、 WP-DBManager を導入することにしました。

WP-DBManager の導入・設定

WP-DBManager は Technolog.jp さんで配布されている日本語ファイルもあります。

  1. WP-DBManager で 「Download」 をクリックして ZIP ファイルをダウンロード。
  2. Technolog.jp で日本語ファイルをダウンロード(要 Facebook or Twitter)。
  3. 上記 2つの ZIP ファイルを解凍。 wp-dbmanager-ja フォルダ内の 「wp-dbmanager-ja.mo」 と 「wp-dbmanager-ja.po」 を wp-dbmanager フォルダに移動。
  4. wp-dbmanager フォルダを plugins フォルダへアップロード。
  5. 管理画面より WP-DBManager を有効化(使用する)に。
プラグインを有効化すると、 「Your backup folder MIGHT be visible to the public」 とメッセージが出ます。
WP-DBManagerはデータベースの自動バックアップと自動削除ができるプラグイン3

WP-DBManager を有効化した時点で、 「wp-content」 フォルダ下に 「backup-db」 フォルダが出来上がっています。

有効化後のメッセージは 「wp-content/plugins/wp-dbmanager」 にある 「htaccess.txt」 ファイルを、 「wp-content/backup-db」 下に移動し、 「.htaccess」 にリネームしろというもの。
WP-DBManagerはデータベースの自動バックアップと自動削除ができるプラグイン4
一度ローカルにダウンロードして、 「wp-content/backup-db」 下にアップロード、その後リネームしました。  「wp-content/plugins/wp-dbmanager」 の 「htaccess.txt」 ファイルは削除。
WP-DBManagerはデータベースの自動バックアップと自動削除ができるプラグイン5

以上でメッセージは消え、 WP-DBManager の設定を行えます。

WP-DBManager の設定や操作は WordPress ダッシュボードの左手から行える。
WP-DBManagerはデータベースの自動バックアップと自動削除ができるプラグイン6
データベースバックアップで「すべての設定が有効です。 操作を実行してください。」となっているので、バックアップスケジュールや保持するバックアップファイル数を設定する。
WP-DBManagerはデータベースの自動バックアップと自動削除ができるプラグイン7
保持するバックアップファイル数はデフォルトで10個。 古いファイルから削除される。
WP-DBManagerはデータベースの自動バックアップと自動削除ができるプラグイン8
データベースの自動バックアップ、自動最適化の設定。 変更したら [変更の保存] をクリック。
WP-DBManagerはデータベースの自動バックアップと自動削除ができるプラグイン9

とりあえず設定はデフォルトのままで使用。 様子をみて調整します。

WP-DBManager はデータベースの自動最適化もできるのね。 ということは手動で最適化する WP-Optimize はお役御免かな。

データベースのバックアップ/削除、最適化までコレ1本で済むとは、 WP-DBManager 恐るべし :omiso:

最後に WordPress Database Backup が作ってくれたバックアップファイル 23GBを削除したら、ヘテムルで使用できるファイル容量がこんなに増えました。 残り 99% ….。 容量よりも今は 「サクサク軽快♪」 がいいな。
WP-DBManagerはデータベースの自動バックアップと自動削除ができるプラグイン10
Sponsored Link

コメントを残す