WordPress.com Stats – WordPressの管理画面でアクセス解析できるプラグイン

WordPress.com Stats

WordPress の管理画面でアクセス状況の確認がきるプラグイン WordPress.com Stats を導入。

WordPress のアクセス解析用プラグインといえば、以前に簡易カウンターの表示もできる Counterize II を使っていた時期があります。 過去形なのはもう使ってないということで、理由はデーターベースの肥大化が気になったから。

今回導入した WordPress.com Stats は、 WordPress.com のサーバーを利用し、そこにアクセス解析のデータを蓄積します。 自分のサーバーのデータベースにデータを蓄積しないので、このプラグインのせいで動作が激重になることはありません。


Sponsored Link

WordPress.com Stats の導入・設定

  1. WordPress.com Stats で 「Download」 をクリックして ZIP ファイルをダウンロード。
  2. ZIPファイルを解凍後、stats フォルダを plugins フォルダへアップロード。
  3. 管理画面より WordPress.com Stats を有効(使用する)に。

この WordPress.com Stats を使用するには、WordPress.com のアカウントが必要です。 はじめから WordPress に同梱されている Akismet を利用しているなら、その APIKey を WordPress.com Stats の管理画面に入力すれば使えるようになります。

APIKey がない場合は作成 → WordPress.com
「sign up for a WordPress com account」 をクリックして作成します。

WordPress 左上のダッシュボードに、 「Site Stats」 が表示されます。
WordPress.com Stats1

クリックすると、日/週/月のアクセスグラフ、リファラー、記事とページのアクセス数、検索エンジンのキーワード、移動先のURL、総アクセス数、Incoming Links の確認ができます。

IP アドレスがわかると尚良いのですが、軽さを重視してるので贅沢は言えませんね。 更に詳しくアクセス解析を知りたいなら Google Analytics を要確認ですね。

WordPress.com Stats 導入参考サイト

ミblog
アクセス解析プラグイン WordPress.com Stats [WP]。
MellowのRadioBlog
WordPressに統計プラグイン(WordPress.com Stats)を導入。
Sponsored Link

コメントを残す