Custom Smilies – 記事やコメント欄に絵文字(スマイル)を挿入するプラグイン

WordPress の記事本文やコメント欄で絵文字(スマイル)を使えるようにするプラグイン Custom Smilies を導入。

ブログの記事や頂いたコメントへの回答で、アスキーアートの顔文字を使ったり、 「www」 (笑いを表現)や 「orz」 (落ち込んでる)なんて表現をすることもありますが、もうちょっとスマートにできないかと考え、 Custom Smilies を入れてみることにしました。


Sponsored Link

Custom Smilies の導入・設定

  1. Custom Smilies の 「Download」 ボタンをクリックして ZIP ファイルをダウンロード。
  2. ZIPファイルを解凍して custom-smilies-se フォルダを plugins フォルダへアップロード。
  3. 管理画面より Comment Form Quicktags を有効(使用する)に。

有効化後、設定画面の最下部の 「Other options」 をチェックして [Update Options] をクリックすると、コメント欄下に顔文字アイコンが追加されます。

当ブログのテーマでは 「送信」、「リセット」 ボタンの右側に回り込み更に二重表示され、コメントフォーム下に上手く表示されませんでした。

これを改善する方法は以下。

Custom Smilies の設定画面で 「Other options」 のチェックを外す。 テーマの comments.php の設置したい箇所に以下を挿入。

<?php if ( function_exists(cs_print_smilies) ) {cs_print_smilies();} ?>

以上で OK 。 使用したのはバージョン 3.0 です。

投稿編集画面でも絵文字が使えるようになってます。

デフォルトでは 「/wp-includes/images/smilies」 から絵文字を読み込んでいます。 これだと絵文字を追加し、 WordPress をバージョンアップした際にうっかり wp-includes フォルダを上書きしてしまうかも知れません。

私は絶対やりそうなので、wp-includes フォルダから smilies フォルダをコピーし、 Custom Smilies プラグイン内の images フォルダ下に配置しました。

あとは Custom Smilies 設定画面でフォルダのパスを下記に変更。

/wp-content/plugins/custom-smilies-se/images/smilies

これで WordPress をバージョンアップした際、 wp-includes フォルダを気にしなくて済みます。

今回は MMRT daily life さんの日本語言語ファイルを使わせてもらい、修正手順も参考にさせて頂きました。 :mrgreen:

Custom Smilies 解説サイト

MMRT daily life
Custom Smilies 日本語版
Sponsored Link

コメントを残す