cbnet Ping Optimizerが機能しないのでcbnet Ping Optimizer日本語版に変更

cbnet Ping Optimizerが機能しないのでcbnet Ping Optimizer日本語版に変更

新規投稿だけ送信し編集時は Ping 送信しないプラグイン cbnet Ping Optimizer ですが、バージョン3 になってから Ping 機能の制御とログの記録を行わなくなったようです。

詳しくは以下のサイト様で確認してください。
「cbnet Ping Optimizer」から「WordPress ping Optimizer」へ乗り換えた理由

VPS の新サイトは上記の WordPress ping Optimizer を入れてみました。 中々良い感じです。 使い方も上記サイト様に詳しく書かれています。


Sponsored Link

ここ 愚者 も WordPress ping Optimizer を導入しようと考えていましたが、 cbnet Ping Optimizer を独自にバージョンアップさせた、日本語版を見つけたので今回はこちらをチョイス。

cbnet Ping Optimizer 日本語版の導入・設定

  1. cbnet Ping Optimizer Ver.3 が起動中なのでダッシュボードでプラグインを停止。
  2. データベースで wp_cbnetpo_ping_optimizer を削除。
  3. ダッシュボードで cbnet Ping Optimizer を削除。
  1. 夢猫工房様の 【WordPressプラグイン日本語版】cbnet Ping Optimizer日本語版 の下部 「cbnet Ping Optimizer 日本語版 」 ボタンをクリックして ZIP ファイルをダウンロード。
  2. ZIPファイルを解凍してcbnet-ping-optimizerJP フォルダを plugins フォルダへアップロード。
  3. 管理画面より cbnet Ping Optimizer日本語版 を有効に。
[設定] で 「Ping送信を有効にする」 にチェックが入っていることを確認し、[設定を保存] をクリック。
cbnet Ping Optimizerが機能しないのでcbnet Ping Optimizer日本語版に変更1

WordPress の ping 送信を設定していれば、プラグインを有効化するだけで Ping 送信機能と置き換わるため、特に設定の必要はありません。

cbnet Ping Optimizer が日本語表示になり、継続して利用可能となりました。
作者様に感謝 :omiso:

Sponsored Link

コメントを残す