Windows 8 にスタートボタンや電源シャットダウンを表示できるClassic Shell

Windows 8 にスタートボタンや電源シャットダウンを表示できるClassic Shell

Windows 8 を導入したものの、スタートボタンや電源(シャットダウン・再起動)、マイコンピューターにコントロールパネルなどなど、直ぐに見つからないので 「何ぞコレ?」 で放置。

しかし Windows 7 に満足しているとはいえ、流石に使わないと勿体ないので、コレらを改善するツールやカスタマイズ方法をちょっと調べてみました。

レジストリを触ることでスタートメニューを表示する方法などやり方は幾つかあるようですが、 「コレ入れときゃイイんじゃね?」 ということで、 「Classic Shell J」 を導入することに。


Sponsored Link

「Classic Shell J」 は GUI の大幅な変更でスタートボタンが無くなった Windows 8 を、従来どおりの Windows のように使えるようにするスタートキット。

オープンソースのスタートメニューカスタマイズソフト 「Classic Shell」 の日本語を強化したリビルド・再配布版で、クラッシックスタイルや XPスタイル、VISTA/Windows 7 スタイルからメニューを選択できます。

ダウンロードはこちらのサイト –> dnki.co.jp

ダウンロードはホタテ貝状アイコンの標準版と Windows ライクなアイコンのアイコン変更版が用意されています。 ホタテ貝状のスタートボタンに抵抗はないけど、今回は Windows ライクなアイコンをチョイス。

ファイルを解凍後、 ClassicShellSetup.exe をダブルクリックして手順に従いインストール。 特に難しいこともなし。

インストールすると、従来の Windows と同じように画面左下にスタートメニューのアイコンが表示されるようになります。
Windows 8 にスタートボタンや電源シャットダウンを表示できるClassic Shell1
スタートメニューは、 Windows Classic Windows XP、 Windows VISTA/Windows7 の3つから選べる。
Windows 8 にスタートボタンや電源シャットダウンを表示できるClassic Shell2
Windows VISTA/Windows7 スタイルにしてみた。 これで電源のシャットダウン、再起動などがいつも通りできる。
Windows 8 にスタートボタンや電源シャットダウンを表示できるClassic Shell3
設定は 「基本設定」 と 「フル設定」 が切り替え可能。
Windows 8 にスタートボタンや電源シャットダウンを表示できるClassic Shell4
PC 起動(ログオン)後、メトロスクリーンをスキップして直接デスクトップ画面を表示する場合は、 「メトロスクリーンをスキップ」 にチェックを入れる。 「アクティブコーナーを無効にする」 は 「スタートスクリーン」 か 「All」 のどちらかを選択。
Windows 8 にスタートボタンや電源シャットダウンを表示できるClassic Shell5

「スタートスクリーン」 はマウスで左下に移動した時に表示するスタート画面遷移メニューのみを停止、 「All」 は全てのコーナーのボタンを禁止。

ここの設定だけやっておけば、従来の Windows と同じように起動後デスクトップ画面が表示されます。

PC 壱号機は切替機を使って Windows 7 と Windows 8 の両方を使える環境にしてましたが、Classic Shell J を導入すれば従来の Windows と同じように Windows 8 を扱えますね。

壱号機は Windows 8 と Ubuntu あたりにしちゃって、余った Windows 7 は Vista の参号機に入れようかな :mrgreen:

Classic Shell J これは素晴らしい :omiso:

Sponsored Link

コメントを残す