CyberLink PowerDVD 8 BD edition OEM 2chでDVDの音声が出ない

CyberLink PowerDVD 8 BD edition OEM 2chでDVDの音声が出ない

先日 GENO で購入した、 PIONEER の BD-Rドライブ BDR-206BK 。 これにはブルーレイの再生ソフトとして、 CyberLink PowerDVD 8 BD edition OEM 2ch が付いてました。

ここ数年、ソフトウェアは全てフリーソフトで間に合ってたので、ブルーレイの再生の為だけに有料ソフトを購入するのはいささか気が進まない。 そんな金があるならパーツ類やデジモノの購入に回したい。 と、いうことでバルクのセットにしたわけですが、インストールして CD-key の登録をしても、 Blu-Ray はおろか DVD 、AVI 、WMV 等、 PC 内にある全ての動画の再生ができない。 「どういうこと???」 ということで、少し調べてみました。


Sponsored Link

インストール時は体調不良だったこともあり、少し(だいぶ)頭がボケていました。 フリーソフトはいつも作者サイトから最新版をダウンロードしてインストールしてるので、大概そのまま使用できます。 要はその感覚のまま、 「何で、何で、何で??」 と騒いでただけ。

現在最新の PowerDVD はバージョン 10 、今回購入した OEM 版はバージョン 8 。 当然古いディスクなわけです。 インストールして CD-key の登録をしたのに、うんともすんとも言わないのはコレが原因。 「早く気付けよ、このボケ!」 と自分につぶやき PowerDVD のサイトへ。 リンク → PowerDVD アップデートおよびマニュアル

このページの下の方にある PowerDVD 8 の 2010-04-23 「PowerDVD 8 Ultra 用パッチ PowerDVD 8 Ultra を build 3228g にアップデート」 をダウンロードし、インストール。 再度 CD-key を登録。

これで Blu-Ray 、 DVD 、AVI 、WMV 等々、動画の再生が可能となりました。
以上。

と、なれば良かったのですが、何故か DVD と各種動画の音声が出ない。 一部の Blu-Ray(ONE PIECE -FILM- STRONG WORLD)は映像・音声問題なく出るんだけど、アバターはダメ(映像も出ない)。

当方のシステムの問題か、はたまた PowerDVD 8 の仕様か。

音声に関しては Creative オーディオコントロールパネル が問題ありなので、 「コイツか!?」 とも考えたが、どうやら別の問題みたい。

この PC 、サウンドの既定のデバイスは 「SPDIF出力」 。
ダウンロードした PowerDVD 8 のマニュアルの 「音声出力の設定」 に以下の一文を発見。

S/PDIF 出力が有効になっており、出力ストリームが PCM ではない場合、 CyberLink PowerDVD の音量コントロールは、デコーダがこのタスクを代行するため、使用できません。

えっと、理解力があまりないんでアレなんですが、要するにうちの環境では使えないということで OK ?

たぶんアレだな、 PowerDVD 10 にバージョンアップしたら、 アバター の再生は可能になりそうだけど、DVD 含む各種動画は現状と変わらない。 そういうことだな。
うん、納得。

この後、モニターとビデオカードを購入するし、Blu-Ray もこの PC では今のところ観ない。 DVD や各種動画は Windows Media Player もしくは Media Player Classic で観れるんで、取りあえず今回の調査はこの辺で終了。

今後 PowerDVD 10 にアップグレードするかもしれないけど、 7,000円~8,000円程掛かるので、そう考えると RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1 とか、 CFD W3U1333Q-4G DDR3 PC3-10600 4GB 2枚組 に目がいっちゃうのよネ。

フリーの Blu-Ray 再生ソフトは現状なかったハズだけど、ヤハリ期待しちゃうね。 :mrgreen:

Sponsored Link

コメントを残す