OSの入ったHDDを丸ごとコピーするソフトを使いSSDに換装(引越し)

OSの入ったHDDを丸ごとコピーするソフトを使いSSDに換装

メイン PC から取り外したインテルの SSD X25-V 40GB 。 中身は Windows 7 Ultimate 64bit と常用ソフトが入っており、これを一度フォーマットしてサード PC に取り付けました。


Sponsored Link

当初のもくろみでは家の PC 全てを Windows 7 にする予定でしたが、まぁ色々あってサード PC は当分 Vista で OK ということに。

OS をクリーンインストールして各種ソフトを入れなおすのも面倒なので、今回は知ってる人は知っている EASEUS Todo Backup Home を使用。 パッチを使えば日本語化もできます。

OS が入っている C ドライブは HITACHI の 250GB HDD で、各種ソフト含め使用領域は 30GB ちょっと。 これを 40GB SSD にまるっとコピーする。 以下やった手順。

  1. SSD を外付けケースに入れ USB 接続。
  2. EASEUS Todo Backup Home を起動して、 [クローン] を選択。
  3. [ディスククローン] を選択。
  4. コピー元となる HDD を選択。
  5. コピー先の SSD を選択し [実行] をクリック。

しばらく待つと出来上がり。

あとは HDD を取り外し SSD を装着、電源 ON でWindows 無事起動となれば OK 。

の、はずが Windows が起動しない。

慌てず、騒がず、 Vista Ultimate 32bit のインストールディスクを取り出し、 BIOS の起動を ディスクからに変えあとはゴニョゴニョ。 Windows 修復で無事起動。

これは、ブータブルメディアの作成で作った CD(DVD) でも OK かもしれないね。

コピー元が大きくコピー先が小さい場合はクローンができないので、今回はあらかじめ EASEUS Partition Master Home Edition で元 HDD のパーティションを小さくしておいた。 あとで気づいたけど、 EASEUS Todo Backup Home でも出来るみたい。 たぶんね。

図は CrystalDiskMark のベンチ。 公称スペックは Read が 170 MB/s 、Write が 35 MB/s 。  まあまあ近い数字なんでコレはもうイジらない予定。
OSの入ったHDDを丸ごとコピーするソフトを使いSSDに換装(引越し)1
換装後、 CrystalDiskInfo の健康状態は正常の 99% 。 フォーマットやらなんやらで 1% 劣化したってことか・・・。
OSの入ったHDDを丸ごとコピーするソフトを使いSSDに換装(引越し)2

さて、これで我が家の稼働中 PC の起動ドライブはすべて SSD となりました。 あと PC 関連のパーツ/サプライで購入したいのは、ファンコン、2TBハードディスク、ワイヤレスキーボード、ビデオキャプチャカードぐらいか。 金欠なんでボチボチ購入しよう :mrgreen:

Sponsored Link

One thought on “OSの入ったHDDを丸ごとコピーするソフトを使いSSDに換装(引越し)

  1. 記載通りの手順で、Dyanabook SS n10(光学ドライブ非搭載モデル)のHDDをSSD(A-DATA製)に交換しました。

    私の場合は、EASEUS Partition Master Home Edition でパーティションを小さくし、EASEUS Todo Backup Home のディスククローンでコピー後にいったん認識したのですが、パーティションのマージを行ったところブートエラーで起動しなくなりました。その後、Windowsの修復機能で無事復活しました。(光学ドライブがないとこの辺がめんどくさいのですが何とかなりました。)

    快適に動いています。

    この記事がなければうまくいかなかったと思います。

    ありがとうございました。

コメントを残す