Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる

Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる

死にかけ、壊れかけの WESTERN DIGITAL 製 HDD WD20EARS が3台(2TB SATA300×3)。 これを何とか復活・復旧できないものかと、 Western Digital 謹製ツールの Digital Data LifeGuard Diagnostics を導入。

当初は 2ndPC 内に取り付けて 1台ずつ処理してましたが、 1台処理が終わったところで、 2ndPC への取り付け・取り外しが大変面倒であることに気付く。 そこで外付け HDD ケースに壊れた HDD を取り付けてあらためて処理することにしました。

購入した RATOC の外付け HDD ケース RS-EC32-U3R は USB3.0 に対応してるので、 付属の USB コードをマザーボードの USB 3.0 ポートに取り付け。

都合三回処理することになるが、用心のため RS-EC32-U3R へは1台ずつ HDD を取り付けました。


Sponsored Link

Digital Data LifeGuard Diagnostics のインストール

Western Digital のサポート・ダウンロードページ から Digital Data LifeGuard Diagnostics をダウンロード。

  1. サイト右下の 「モデル番号で検索」 に 「WD20EARS」 と入力。
  2. 「Windows用Data Lifeguard Diagnostic」 を選択してダウンロード。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる1

今回ダウンロードしたのは WD20EARS に対応した Data Lifeguard Diagnostic 。 モデル番号が違うものだと別の Data LifeGuard Diagnostics があるかもしれないので、 「モデル番号で検索」 をやったほうが無難でしょう。

また 「Windows用Data Lifeguard Diagnostic」 をダウンロードしましたが、 DOS 専用 の Data Lifeguard Diagnostic や CD 版もあります。 状況によってダウンロードする Data Lifeguard Diagnostic が違うので注意して下さい。

これは Data Lifeguard Diagnostics の Windowsバージョンです。 これにより、WD の内蔵ドライブと外付けドライブをテストします。 またこれに加えて、このシステムについている WD ドライブのモデルとシリアルも提供することができます。 対応するオペレーティング システム Windows 7 32/64-bit versions Windows Vista 32/64 bit versions Windows XP 32/64-bit versions

Data Lifeguard Diagnostic を解凍し、インストーラをダブルクリック。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる2
インストーラが起動したら [Next] をクリック。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる3
必要であれば [Browse] でインストール場所を変更 → [Next] をクリック。 Windows 7 の場合デフォルトは 「Program Files(x86)」 にインストール。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる4
「Create a desktop icon」 等必要な個所にチェック → [Next] をクリック。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる5
[Install] クリックで Data LifeGuard Diagnostics のインストールスタート。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる6
最後に [Finish] クリックでインストール完了。 「Launch Data LifeGuard Diagnostics for Windows」にチェックが入っていると Data LifeGuard Diagnostics が起動する。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる7

Digital Data LifeGuard Diagnostics の使い方

「I accept this License Agreement」 にチェック → [Next] をクリック。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる8

上記手順は Digital Data LifeGuard Diagnostics を起動するたびに行う。

メイン画面。 Data LifeGuard Diagnostics に認識されたハードディスクが表示される。 右手に表示されているのが SMART 情報。 SMART に異常がなければ、 「PASS」 と表示される。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる9

上記画像は 2ndPC に取り付けてあった時の物。 3,4 が WD20EARS です。 右の SMART Status では一応 「PASS」 となっているが….。

ハードディスクを選択した状態で上部メニューの 「to view SMART data.」 をクリックすると SMART の詳細な情報が表示されます。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる10
SMART の詳細な情報はハードディスクを選択した状態で右クリック 「Show SMART Disk Info」 でも表示可能。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる11

ここからが Data LifeGuard Diagnostics のメイン機能。

HDD のテスト、不良セクタ検出、物理フォーマット(ゼロフィル:ハードディスク全セクタにゼロを書き込む)は前の手順と同じくまず処理をするハードディスクを選択。

選択した状態でダブルクリックすると、各処理項目が表示されます。 項目を選択した状態で下部の [Start] をクリックすると処理を始めます。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる12

各項目の処理内容は以下。

QUICK TEST
ドライブに保存されている Data Lifeguard 情報を収集し検証するために SMART ドライブ・クィックセルフテストを実行。
EXTENDED TEST
不良セクタを検出するために Full Media Scan を実施。 ドライブのサイズにより、試験完了まで数時間を要する場合もある。
WRITE ZEROS – Quick Erase
ハードディスク前半と後半のセクタのみゼロフィル(所要時間数分~数十分ぐらい)。 これによりファイルシステムとデータが消滅。
WRITE ZEROS – Full Erase
ドライブ全体にすべてゼロと書き込む(所要時間6時間強ぐらい)。 これによりファイルシステムとデータが消滅。
VIEW TEST RESULT
最新の試験結果を表示します。

所要時間は HDD の容量、 USB のスピード(外付けの場合)、 HDD の壊れ具合で違うと思われます。 上に書いた時間は 2台の 2TB で実際に要した時間です。 後述しますが 1台は惨いことになってます。

物理フォーマット(ゼロフィル)を行う場合は 「WRITE ZEROS」 を選択して [Start] をクリック。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる13
「Please close any other open programs and any open tiles in the drive ( E: ) to prevent data loss.」 と聞いてきたが [OK] をクリック。(他の開いてるプログラムを閉じろということ)
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる14
また 「One or more partitions may exist in the drive, do you really want to erase them?」 と聞いてくる → [はい] をクリック。(パーティションも消すけど大丈夫? とういこと)
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる15
更にもう一度 「Data will be erased and lost for the selected drive. Are you sure?」 と聞いてくる → [はい] をクリック。(データ全部消えるけど大丈夫? ということ)
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる16
最後に 「QUICK ERASE」 と 「FULL ERASE」 のどちらかにチェック → [OK] で物理フォーマット(ゼロフィル)スタート。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる17
上は 「QUICK ERASE」 の処理途中、15分11秒。 下は 「FULL ERASE」 終了、6時間52分18秒。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる18
QUICK TEST と EXTENDED TEST は 「PASS」 、WRITE ZEROS(Quick&Full Erase)は 「COMPLETE」 となったので、 「VIEW TEST RESULT」 を選択して [Start] をクリック。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる19
最新のテスト結果が表示される。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる20

今回の HDD のように不良セクタがあることがあらかじめ分かっている場合、以下の順番で処理するのが良いかも。

  1. QUICK TEST
  2. WRITE ZEROS – Quick Erase
  3. WRITE ZEROS – Full Erase
  4. EXTENDED TEST(時間に余裕があれば)
  5. VIEW TEST RESULT

2ndPC に装着していた2台の WD20EARS は上記手順で行いました。

2台とも試験結果は 「PASS」 と 「COMPLETE」 なのだが、1台はメイン画面の SMART が 「FAIL」 になってます。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる21

「FAIL」 になっている HDD は多くの不良セクタを出してた方の HDD じゃなく、今回不具合が出たことで合わせて不調になった HDD 。

SMART の詳細情報を確認すると 「Raw Read Erro Rate」 の 「Value」 が 「140」 、「Threshold」 が 「51」。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる22

「Raw Read Error Rate」 はハードディスクからデータを読み込む時に発生したエラーの割合を表し、数値(Value)が閾値(Threshold)より低い場合、ハードディスク内の磁気ディスクまたは磁気ヘッドに異常があるということ。

数値(Value)は閾値(Threshold)より低くないのに何故 「FAIL」 ? まぁ元々瀕死と重症の HDD なんで壊れても困らんし、このまま使うことにしました。 :mrgreen:

何に使うかといえば、この 2台の HDD を RATOC の RS-EC32-U3R に装着し、 torne 用の外付け HDD として利用します。 テレビの録画データなんて対して重要じゃないし、壊れかけの HDD を使うのにピッタリです。

torne と RS-EC32-U3R についてはまたの機会に。

さて、忘れちゃいけないのが既にご臨終になってた 3rdPC の WD20EARS 。 こいつは 3rdPC の OS はもちろん BIOS からも認識されな強者。

今回 Data LifeGuard Diagnostics を使うに当たり、 3rdPC から取り外したのですが、何故か Data LifeGuard Diagnostics で確認が出来るんですね。 もしかして生きてるのかなと考え、 2ndPC の WD20EARS と同じように Data LifeGuard Diagnostics で処理してみることに。

「WRITE ZEROS – Full Erase」 を使ったところ、処理終了までの予測時間が 「192,697時間14分40秒」 とか、凄い時間が….。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる23

もちろんこんなの最後までヤルつもりはないのですが、処理を続けてると連続して不良セクタにゼロを書き込むか聞いてくるんですよ。

「Sector #2182912-2183168: :Write Zeros error! Continue?」 のように連続してダイアログが立ち上がります。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる24

最初は手動で [はい] をクリクリやってましたが、流石に切れそうになって自動クリックソフトを使うことにしました。

「連打くん」 。 この作業ではめちゃくちゃ重宝します。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる25

詳しくはコチラ → AnswerTaker

流石に 連打くん を使っても如何ともし難いので 「FULL ERASE」 は中止し、今度は 「QUICK ERASE」 + 「連打くん」 で一晩自動でクリックさせ放置。 朝起きて確認すると、当然といえば当然だが処理はまだ終わっていませんでした。

その後もう一度 「FULL ERASE」 をやると、アラ不思議処理終了予測時間が 5000時間ぐらいになってます。 日数に直すと処理終了までザックリ 200日。 普通は諦めるんだが、外付けの HDD ケースをもう一個買って、継続してみるのも面白いかもね :mrgreen:

RATOC の RS-EC32-U3R と類似する(OEM?) SILVERSTONE の外付け HDD ケース SST-DS321 が、タイミングによっては 5,000円前後で買えることもあるから、そのうちポチるかもしれません。

最後にこれが今回使用した死亡三兄弟ハードディスク。 本当はもう一台使用頻度の低い外付け HDD で使ってるので、四兄弟なんだけどね 。 4台中3台がこういう状況なので、しばらくは WESTERN DIGITAL 製 HDD の購入はないでしょう。
Data LifeGuard Diagnosticsで壊れたHDD(WD20EARS)を復活・復旧してみる26
Sponsored Link

コメントを残す