EDiCube BB100のブルースクリーンはオンボードのビデオメモリ8MBが原因?

EDiCube BB100のブルースクリーンはオンボードのビデオメモリ8MBが原因?

いまだ未解決の EDiCube BB100 のブルースクリーン問題。

元のメモリ256MB に戻してチェックを行いましたが、やはりブルースクリーンエラーになりました。 これで換装した 512×2(1GB) のメモリは白と考えて良さそうです。

あと BlueScreenView で 「ks.sys」 と 「ntoskml.exe」 に問題があることはわかりましたが、Google で検索しても 「コレ!!」 というものは見つかりませんでした。


Sponsored Link

その後 CPU使用率100% を再現するため、Panda Cloud Antivirus でのウィルススキャン、 DVD Shrink で DVD のリッピングなども行ってみました。 両ソフトとも作業中ずっと CPU使用率100% でしたが、ブルースクリーンにはならず PC が落ちることもありませんでした。

「ks.sys」 で調べると DirectX が出てくるのですが、 SP3 を適用した時点で、 BB100 の DirectX のバージョンは DirectX 9.0c になっています。

そもそも何故 RadarSync に行くとブルースクリーンになり落ちるのか? ひょっとして Flash が何か関係しているかもと思い、 Adobe Flash Player 10 のページへ。

すると Firefox は落ちまくり、ブルースクリーンが出ることも確認。

こうなるとビデオメモリが怪しいのではないかと考え、 BB100 の BIOS を確認。

EDiCube BB100 はオンボードのため、ビデオメモリは 8MB までしか増やせないことがわかりました。 orz。
EDiCube BB100のブルースクリーンはオンボードのビデオメモリ8MBが原因?

Flash Player 10 の必要システム構成 を確認すると、 64MB 以上のビデオメモリが必要なようで、そうなるとビデオカードを増設するしかありません。

PCI 用のビデオカードを購入し検証を続けるか、もうこのへんでやめとくか。 実はこのブルースクリーン問題とは別の不安材料もあるのでどうしたものか・・・・。 しばし思案。

この記事は旧ブログで 2009年11月05日に作成したものです。

Sponsored Link

コメントを残す