Twelve HundredにGA-890FXA-UD7、CWCH70、RealSSD C300 128GBを取り付け

Twelve HundredにGA-890FXA-UD7、CWCH70、RealSSD C300 128GBを取り付け

セカンド PC 用に購入した、GIGABYTE のマザーボード GA-890FXA-UD7 と Corsair の簡易水冷 CPU クーラー CWCH70 、crucial の SSD RealSSD C300 CTFDDAC128MAG-1G1 を取り付けました。


Sponsored Link

これら 3つのパーツを取り付ける前の構成は以下。

  • CPU : PhenomII X6 1090T Black Edition BOX
  • CPUクーラー : 忍者プラス・リビジョンB
  • マザーボード : GA-890GPA-UD3H Rev2.1
  • メモリ : W3U1333Q-2G (PC3-10600-2GBx4)
  • SSD : X25-V 40GB
  • HDD1 : WD20EARS (2TB SATA300)
  • HDD2 : WD20EARS (2TB SATA300)
  • Blu-rayドライブ : BDR-206BK
  • DVDドライブ : LITEON スーパーマルチ
  • ビデオカード : Radeon HD 5850 1024 MB DDR5
  • サウンドカード : Sound Blaster X-Fi Titanium HD
  • 電源 : WIN+ 700W
  • ケース : Twelve Hundred
  • モニター : ProLite B2712HDS-B1
  • マウス : Logicool Wireless Mouse G700
  • キーボード : Microsoft Digital Media Keyboard 3000
  • OS : Windows 7 Ultimate
まずはケース内のホコリをエアダスター等使い清掃。 Twelve Hundred の前面ファンのフィルターはケース内のネジを緩めることで簡単に取り外し可能。
Twelve HundredにGA-890FXA-UD7、CWCH70、RealSSD C300 128GBを取り付け.1
フィルター3枚ともビッシリ埃がついていた。 私の部屋、結構汚ないらしい・・・・・。
Twelve HundredにGA-890FXA-UD7、CWCH70、RealSSD C300 128GBを取り付け2

3つのパーツの中では CWCH70 の取り付けでちょっとモタついた。

CPU の接触面にははじめから熱伝導グリスが塗ってあるので、そのまま取り付けてブラケットに咬み合わせるだけのはずが・・・・。
Twelve HundredにGA-890FXA-UD7、CWCH70、RealSSD C300 128GBを取り付け3

マザーボードとブラケットをキッチリネジ止めしたため咬み合わない。

ここの取り付けは、マザーボードにブラケットを緩めた状態で取り付け、本体をはめて時計回りに回して固定、その状態でブラケットのネジを同等の力で対角線で締める。

詳しい取り付け方法は YouTube に掲載されている、 CHCW50-1 設置方法 を観るとよくわかる。  → クリックで動画再生。
Twelve HundredにGA-890FXA-UD7、CWCH70、RealSSD C300 128GBを取り付け4
CWCH70 に付属のファンを1つ利用して、リアのファンとラジエーターをサンドイッチ。 エアフローは推奨どおりリア吸気に変更。
Twelve HundredにGA-890FXA-UD7、CWCH70、RealSSD C300 128GBを取り付け6

最後に Twelve Hundred のアクリルサイドパネルを取り付け。

と、ここでアクリルサイドパネルの突起部分とラジエーターが干渉して上手くネジ止めできない。 アクリル部分を削ったりするのは嫌なので、 ちょっと強引にパネルを押えつけ、何とかネジ止め。

GA-890FXA-UD7 と RealSSD C300 128GB は特に問題なく取り付け完了。

忍者プラス・リビジョンB から CWCH70 にしてことで、ケース内はスッキリしたが、付属のファンは地味だし結構うるさい。 コレはいずれハデで静かなファンに交換しよう。

CWCH70 と RealSSD C300 128GB のベンチは、まぁ気が向いたら。

Sponsored Link

コメントを残す