torneの外付けハードディスクとしてRATOCのRS-EC32-U3Rを使う

torneの外付けハードディスクとしてRATOCのRS-EC32-U3Rを使う

瀕死(死亡)の WESTERN DIGITAL 製 ハードディスク 3台を Western Digital 謹製の Digital Data LifeGuard Diagnostics で物理フォーマット(ゼロフィル)。

不良セクタをなくして 2台を復活させました。 1台は 「Raw Read Erro Rate」 の 「Value」 に問題があるような、ないような。 元々壊れている HDD であるとの認識のもと、物理フォーマットをおこなったので、ちょっとぐらい問題があっても気にしない :mrgreen:

ということで、今回は 2台のハードディスクを RATOC の外付け HDD ケース RS-EC32-U3R に装着して、 torne で使用するまでのお話です。


Sponsored Link

RS-EC32-U3R とパソコンの接続

  1. RS-EC32-U3R の底面前方にあるロックを解除し、前面のフタを外す。
  2. ハードディスクを差し込む。
  3. AC アダプタ、 USB ケーブルを取り付け。
  4. AC アダプタをコンセントに繋いで RS-EC32-U3R 背面の電源スイッチを ON に。
  5. USB ケーブルを PC に接続すると、自動でドライバーがインストールされます。
  6. 次に RS-EC32-U3R 添付の CD-ROM をパソコンの CD/DVD ドライブに入れます。
  7. インストールするソフトウェアにチェックを入れ [選択した項目のセットアップ] をクリックするとソフトウェアのインストールが始まります。

ちなみに WD20EARS(2TB SATA300) の 「FAIL」 が出ていたハードディスクは RS-EC32-U3R の HDD2 に装着しました。

RAID 作成と FAT32 形式フォーマット

torne は、FAT32 形式でフォーマットした HDD のみ対応。 扱える一つのファイルの最大サイズが 4GB 、最大ボリュームサイズは 2TB となります。

今回復活した HDD は 2TB×2 なので、上記条件なら RAID1 が最適。

タスクバーの 「RAID 監視マネージャー」 のアイコンをクリック。 アイコンが見当たらない場合は、 「スタート」 → 「すべてのプログラム」 → 「RATOC RAID 監視マネージャー」 で起動する。
torneの外付けハードディスクとしてRATOCのRS-EC32-U3Rを使う1
  1. 「RAID 管理」タブ → 「RAID 作成」 を選択。
  2. RAID を組むボリュームにチェック。
  3. RAID を選択(RAID1)。
  4. ファイルシステムを選択(FAT32)。 必要であればボリュームラベルを入力。
  5. [RAID 作成] をクリック。
torneの外付けハードディスクとしてRATOCのRS-EC32-U3Rを使う2
FAT32 フォーマット、RAID の作成が完了するとドライブ作成正常終了が表示される。
torneの外付けハードディスクとしてRATOCのRS-EC32-U3Rを使う3
「RAID 監視」をクリックするとドライブの温度や健康状態の確認が出来る。
torneの外付けハードディスクとしてRATOCのRS-EC32-U3Rを使う4
「情報管理」 → 「S.M.A.R.T. 情報」 をクリックすると、 S.M.A.R.T. の詳細な情報が表示されます。
torneの外付けハードディスクとしてRATOCのRS-EC32-U3Rを使う5

以上で PC での作業は完了。

RS-EC32-U3R を PC から取り外し、 torne と接続します。

取り外しは タスクバーの 「ハードウェアの安全な取り外し」 で行います。 「何かが使っててどうたら、こうたら…」 などのエラーがでたら面倒くさいから PC を落として RS-EC32-U3R を外せば OK 。

torne(PS3) と接続する前に RS-EC32-U3R 背面の 「DIP スイッチ」 を調整。 ボールペンや細いドライバーなどが必要かもしれません。

  1. 左側がブザー設定。 スイッチを上にあげると ON 、下が OFF 。
  2. 右側が PC 電源連動設定。 スイッチを上にあげると ON 、下が OFF 。
torneの外付けハードディスクとしてRATOCのRS-EC32-U3Rを使う6

上記設定は両方とも ON にしましたが、 torne で使用する場合は 「PC 電源連動設定」 は OFF でも良かったかもしれません。

元々が死にかけのハードディスクなので 「ブザー設定」 は今回必須です。

RS-EC32-U3R の USB ケーブルを PS3 の USB ポートに接続。 PS3 本体では特に設定は行っていない。
torneの外付けハードディスクとしてRATOCのRS-EC32-U3Rを使う7
PS3 で torne を起動してメニューの 「セッティング」 を選択。
torneの外付けハードディスクとしてRATOCのRS-EC32-U3Rを使う8
「PS3専用地上デジタルチューナー設定」 → 「ハードディスク設定」 を選択。
torneの外付けハードディスクとしてRATOCのRS-EC32-U3Rを使う9
「未登録のハードディスク」 と表示されたらその HDD を選択し登録します。
torneの外付けハードディスクとしてRATOCのRS-EC32-U3Rを使う10
これでいつものようにトルネの番組表から番組の録画をしようとすると、録画先に外付け HDD が増えている。 PSP 本体での録画をする必要がないなら 「自動(外付けHDD 1)」 にしておくと今後ここを触る必要がない。
torneの外付けハードディスクとしてRATOCのRS-EC32-U3Rを使う11

以上で torne と RS-EC32-U3R の設定は完了。

最大 2TB(実際は1.8TBちょっと)の録画容量があるので、今までのように本体の録画空き容量がなくなってきたら、録画を消すということもなくなるでしょう。

RAID1 の HDD2 がバックアップ用のハードディスクなのだが、 HDD2 は 「Raw Read Error Rate」 で 「FAIL」 が出ていたハードディスク。

週に 4~5回録画するとして、 WD20EARS がどこまでもつか….。 1年、いやいや半年もってくれれば OK かな :mrgreen:

HDD に不具合が発生すると、 RS-EC32-U3R はブザー音と LED ランプ(赤)で知らせてくれるので、今後も要観察。

余談

これで壊れかけ(瀕死&重症)の HDD を復活・復旧させて再利用する話は一応終わりですが、この WESTERN DIGITAL の WD20EARS は壊れやすいだけでなく、「低速病」 なる症状も持ち合わせているとか、いないとか….。 

これの対策として最新のファームウェアをあてたり、ジャンパピンを刺したりというがあるのですが、今回 torne で使用した WD20EARS ではこれらの対策は行いませんでした。

3rdPC から取り外した WD20EARS の物理フォーマットが異常な時間掛るのもこの低速病が関係してるのか、してないのか。 単に不良セクタが異常に多いだけかもしれませんが。

どちらにせよもう一台死亡してる WD20EARS があるので、ちょっと実験してみるか :mrgreen:

Sponsored Link

コメントを残す