WordPressの月別アーカイブの日付ページでタイトルタグの記述なしが発生

WordPressの月別アーカイブの日付ページでタイトルタグの記述なしが発生

Google のウェブマスターツールを確認すると、HTMLの改善項目に 「タイトルタグの記述なし」 を2カ所発見。

今回のサイトは All in One SEO Pack や HeadSpace2 を使わずに、タイトルや description、keywords、h1、h2 をページごとに重複がでないように設定している。 しかしウェブマスターツールからアーカイブ一覧に問題があるよと指摘があった。

「何年何月」 の一覧は複数ページ作成しても何ページ目とでるよう設定しているので問題ないのだが、 「何年何月何日」 にタイトルがないことになっている。

続きを読む

WP-DBManager のバックアップされたデータベースファイルのメールが届かない

WP-DBManager のバックアップされたデータベースファイルのメールが届かない

さくら VPS で試行錯誤を繰り返しているうちに、ここ 愚者 と AnswerTaker は手つかずのままおろそかにしてました。 AnswerTaker は酷いもので、3か月ぐらい放置してメールも見てない状態。 アクセス数も激変して今では一日 3,000~4,000PV まで落ちています。 Google さんにもハブられたかも知れません :ase:

さて本題の WP-DBManager からメールが届かない件ですが、 愚者 と AnswerTaker は1週間に1回バックアップを取ってメールで送信するように設定しています。

実は随分前から 「おや、メール来てないぞ?」 と気づいてはいたのですが、いつのまにやらそんな事はすっかりさっぱり忘れていた次第。

さくら VPS に入れた WordPress でも WP-DBManager は使用してるので、今回はヘテムルでの設定とさくら VPS での設定となります。

続きを読む

Cyberduckでパーミッションを変更する

Cyberduckでパーミッションを変更する

Cyberduck は Mac、Windows に対応したオープンソース の FTP、SFTP、WebDAV、Cloud Files、Google Drive、Amazon S3 用クライアントソフト。

従来ファイルのアップロードには FFFTP と Cyberduck を併用していたが、さくら VPS は SSH 接続で行うため基本 FFFTP は使えない。

ヘテムルのレンタルサーバーでファイルのパーミッションを変更する場合は、使い慣れた FFFTP でやっていたが、さくら VPS の場合は FFFTP が使えないので、 Cyberduck でパーミッションの変更をやってみる。

続きを読む

yum install -y amavisd-new でインストールできない場合に試したこと

yum install -y amavisd-new でインストールできない場合に試したこと

さくらの VPS でサーバーを構築して WordPress を動かそうと、足りない頭で奮闘。

普通の MySQL(オラクル)より1割は高速になるという、 Percona MySQL をインストールしたかったが、上手くいかないので取りやめ、更にメールサーバーの構築で躓いたのでこの2つはあきらめて何とか WordPress の導入に成功した。

次に XAMPP 内で修正したサイトのファイルや SQL ファイルを構築したサーバーにアップロードし、幾つかのプラグインを導入。 更に Google ウェブマスターに登録しようとしたところ、上手くいかず。

すったもんだやったあげく、利用中のターミナルエミュレータ Poderosa が SSH で繋がらなくなった。 TeraTerm も同様。

やった設定を元にもどしたり、検索を掛けて妙案を探してみたがよくわからず(コレかなというのはあった)。 結局 CentOS を再インストール(11回目)することに。

続きを読む

torneの外付けHDDとして使用中のWESTERN DIGITAL製HDDが故障(死亡?)

torneの外付けHDDとして使用中のWESTERN DIGITAL製HDDが故障(死亡?)

RATOC の外付け HDD ケース RS-EC32-U3R に WESTERN DIGITAL 製の HDD(2TB) 2台を RAID1 で構築し、torne の外付けハードディスクとして利用していたが、家人から再生中に止まることがあるというクレームがあったので調査。

元々この HDD は弐号機 PC で使用していたもので、壊れかけのものを Digital Data LifeGuard Diagnostics で物理フォーマット(ゼロフィル)し、不良セクタをなくして復活させたもの。 1台は 「Raw Read Erro Rate」 の 「Value」 に問題がありました。

昨年の 10月に torne 用外付け HDD として利用し始めたので、ザックり半年持ったことになります。 壊れることを前提として利用してたので特にダメージはなし :mrgreen:

続きを読む