モクズガニ(ツガニ)を塩ゆでにして食べてみた

モクズガニ(ツガニ)を塩ゆでにして食べてみた

モクズガニは上海蟹の近縁種で、その呼び方は地方によってツガニ、ズガニ、ヤマタロウ、カワガニなどあるようです。 一番美味しい旬の時期は、産卵の為に川を下る 9月~11月初旬。

今回モクズガニのメスを 10匹購入したので、シンプルに塩ゆでにして食べてみました。


Sponsored Link

一匹ずつ水を出しながら甲羅と腹だけ軽くあらいました。 はさみではさまれたら痛いので、用心のため軍手を着用。

これから茹でられるとも知らず。 こういう生きてる状態から調理すると、命を 「いただきます。」 というのがよくわかるね。
モクズガニ(ツガニ)を塩ゆでにして食べてみた1

水はカニがひたるぐらいで、塩は海水ぐらい。(今回は塩がちょっと少なかったかも)。 沸騰後に塩を入れたほうが良かったかな。

火をかけて直ぐに鍋の中で 「ガシャガシャ」 と音がするが、しばらくすると止まった。 ご臨終されたようです。

水から火にかけ沸騰後15分。 みごとに真っ赤か。
モクズガニ(ツガニ)を塩ゆでにして食べてみた2

モクズガニは寄生虫がいることもあるので、十分火を通さないとダメだそうです。

皿にてんこ盛り。 10匹なんでもう少し大きな皿がよかったかな。
モクズガニ(ツガニ)を塩ゆでにして食べてみた3

今回はシンプルにモクズガニを茹でることで調理したが、蒸し器で蒸すのも OK のようです。

割るとこんな感じ。 小粒のカニだけど、黄色いみそとタマゴがたくさんはいってます。
モクズガニ(ツガニ)を塩ゆでにして食べてみた5

蟹を食べ始めるとみんな無口になりますね。 そういえば昔忘年会で 「蟹食べ放題」 の時がありましたが、みんな黙々と食べてたな。 会話のない忘年会だった。 :mrgreen:

茹でて食べるのが王道。 しかし一度食べてみたいのが、生きたままのモクズガニを臼とすりこぎ(ハサミで切ってミキサーも可)で、グチャグチャに粉砕したあと濾して、汁物にするっていう 「ズガニ汁」 。 ちょっと残酷だけどとっても旨そう。

たしか 「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」 によく出演する奄美の “はだしの達人” が作ってた 「コーガンのふやふや汁」 (コーガン=モクズガニ)も同じものです。

ということで、モクズガニには悪いが、とっても美味しくいただきました。 ごちそうさん。 :omiso:

Sponsored Link

コメントを残す